三面大黒天

秀吉の出世守り本尊「三面大黒天(さんめんだいこくてん)」は、たいへん珍しい大黒天・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁財天(べんざいてん)の三天合体の尊像です。毎月3日は、この三面大黒天の縁日です。

夢を叶える三面大黒天参り

お札に願いを
 

 秀吉は、夢が叶う毎に、瓢箪(ひょうたん)を集め千成瓢箪(せんなりびょうたん)とした史実にちなんで、願懸(がんか)けは瓢箪の形をしたお札に願い文を書いていただきます。歌仙堂にて机・筆を用意致しております。
 そしてその願い文を、瓢箪の形をした手水鉢の水に浮かべていただきます。するとお札は、瓢箪に抱きとられるように溶けて沈み、「三面大黒天」の字だけが水面に漂います。思わず「夢叶いますように」と祈る一時となることでしょう。

歌仙堂と手水鉢

 手水鉢に抱きとられた願い文は住職の手で集められ、瓢箪の型に流し込まれ祈願法要(きがんほうよう)されます。そして型から取り出され、願い文の瓢箪となり、三面大黒天と共に奉られます。

 

縁日には、住職が法要を行います。
 縁 日:毎月
 場 所:圓徳院 三面大黒天御堂
 時 間:午前11:00~、午後2:00~

三面大黒天御堂
 

法要の流れ

大太鼓打ち鳴らし(晴天のみ・5分)→住職の説法(3分)→三面大黒天祈願(10分)→歌仙堂祈願(5分)→ 大黒天祈願(5分)→高台寺天満宮(階段で100m上へ、10分)

※住職へのご相談等は高台寺天満宮の後にお伺いさせて頂きます。三面大黒天前テントにいる者に一声お声掛けください。

※法務の都合により一部変更させて頂く場合があります。あらかじめご了承ください。

 

大木魚による肩たたき(奇数月)

奇数月の縁日には、大木魚による肩たたきを行っています。
肩こり・腰痛など、日々悩まされている場所のおはらいを致します。痛みの個所などをお知らせください。

 

三面大黒天の御仏像・御札 お下げ渡し、又は、御祈祷のお申し込み


御札

 三面大黒天様の御分身と御札をお下げ渡ししております。
 御祈祷等、ご要望の方はメールフォーム・お電話・FAXにてお問い合わせください。
メールフォームによる問い合わせ
  TEL:075-525-0101   FAX:075-561-2724

「授与品・御朱印札」は、他にもございます。
授与品・御朱印札のページへ >>

 

三面大黒天像奉安者御祈祷祭

日時:例年3月3日13時(2020年(令和2年)のみ 5月3日13時も実施) 無料

三面大黒天様のご尊像を、ご自宅、会社など安置されお祀りされていらっしゃる方への、ご祈祷祭を致します。
圓徳院でおさげ渡ししておりますお像以外で、三面大黒天様ご尊像をお祀りの方でも結構です。
ご所有のお像を持って来て頂く方には、目の前で焼香をおあてし、ご祈祷致します。

内容:法要(15分程度)→法話(15分程度)


トップへ