掌美術館
     
 
  展示案内  
     
  高台寺と関連寺院の宝物  
     
  蒔絵の調度品  
     
掌美術館アンケート
 
     
  >>高台寺HPへ  
展示案内
豊臣の肖像

■ 高台寺打敷 修理後の初公開 ■

  1. 立涌に桐文様唐織打敷
    2019年4月2日(火)〜4月18日(木)
  2. 縄目欅に桜文様唐織等縫合せ打敷
    2019年4月19日(金)
     〜5月6日(月・祝)

あわせて桃山時代の女性の着物を復元した唐織小袖(復元品)も公開
 ※ 展示替えあり

特別展 Special Exhibition
豊臣の肖像

Portraits of the Toyotomi Clan and Its Vassals

期間 【第2期】2019年1月1日(火・祝) 〜 2019年5月6日(月・祝)

休館日
2019年3月4日〜3月7日 展示替え
*ただし、やむをえず展示替えなどで休館となる場合があります。

開館時間 午前9時30分~午後6時(午後5時30分受付終了)
※ 高台寺・圓徳院の春の夜間特別拝観期間中(2019年3月8日(金)~5月6日(月・祝))は、午前9時30分~午後10時(午後9時30分受付終了)

入場料
高台寺掌美術館:大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円

主な展示品
豊臣秀吉像 弓箴善彊賛 桃山時代
枝垂桜蒔絵手拭掛 桃山時代 (重要文化財)
打敷 桃山時代(京都府指定有形文化財・修理後の初公開)
観音図 狩野興以筆 江戸時代
※アンドロイド観音 一般公開に合わせ、狩野興以が描いた「観音図」を公開いたします。

主な作品の展示期間

豊臣秀吉像[弓箴善彊賛] 〜2019年5月6日  
唐人物・花鳥図衝立[狩野孝信筆] 〜2019年5月6日
観音図」(狩野興以筆・江戸時代) 〜2019年5月6日
立涌に桐文様唐織打敷(桃山時代) 2019年4月2日~4月18日 修理後の初公開
縄目欅に桜文様唐織等縫合せ打敷(桃山時代) 2019年4月19日~5月6日 修理後の初公開
桃山時代の着物を復元した小袖 2019年4月2日~5月6日 ※展示替えあり
(立涌に桐文様唐織小袖の復元品)

概要
 秀吉とねね(北政所)夫婦の親族や家臣団を含めて成立した豊臣集団。16世紀後半、戦いが続いた日本国内を統一した豊臣秀吉は、その集団の創始者です。政治的権力や財力を手に入れた秀吉は、死後にも軍神として崇められることを願いました。死後に朝廷より秀吉に対して「豊国大明神」という神号が与えられ、各地に祀られることになりました。
 秀吉の統一の永続への願い空しく、彼が亡くなった後の家臣団は分裂し、また戦いが始まりました。秀吉の息子・秀頼が戦いに負け、秀吉が建てた大坂城も失われました。それらを救うことができなかった「豊国大明神」の威信が失われ、豊臣集団は解体してゆきます。
 しかし、徳川家康が江戸幕府を開いた後にも、豊臣から離れなかった人々はありました。秀吉亡き後、出家して高台院となったねねの存在は親族らの精神的中心となり、公家や武家の人々との交流も続きました。
 ねねの菩提寺である高台寺には秀吉像、高台院像以外に豊臣の人々の肖像が残されています。そして関連寺院にも秀吉夫妻と関わりの深かった人々の肖像が伝わります。それぞれの肖像は、写真が無かった時代に、亡き人の容貌を思い出し、その人を供養する際に用いられました。そしてそれらの肖像は描かれた人々の人生や地位を語り継ぐために役立ちました。
 この展覧会では、豊臣の人々の肖像と共に当時の道具や工芸品(高台寺蒔絵など)や資料も紹介します。それらの品々は、人間の限りある人生の栄華や儚さを皆様に語りかけることでしょう。

The inner circle of the Toyotomi clan included the relatives and vassals of Toyotomi Hideyoshi (1537–1598) and his wife Nene (Kita-no-Mandokoro, 1546–1624). Hideyoshi unified Japan after years of successive battles in the latter part of the 16th century and brought this group of figures together. After having gained political power and wealth, Hideyoshi’s dream was to be posthumously revered as a military deity. After he died, the Imperial Court conferred him with the deified name Toyokuni Daimyōjin (“Great Shining Deity of the Abundant Country”) and built shrines to memorialize him throughout Japan.
Hideyoshi’s wish for the national unification to continue was ultimately in vain. After his death, the Toyotomi forces split into factions and the fighting started once again. Hideyoshi’s son Hideyori lost in the battles against Tokugawa Ieyasu, who ultimately destroyed Osaka Castle, which Hideyoshi built. The prestige of the deified Hideyoshi, who could not save his clan, was also lost, as the Toyotomi faction dissolved.
However, there were those who did not turn their backs on the Toyotomi clan even after Ieyasu established the Edo government. Hideyoshi’s wife Nene, who became the abbess Kōdai-in after his death, continued to have exchanges with courtiers and warriors as the spiritual pillar of the clan.
As Nene’s final resting place, Kodaiji Temple has preserved portraits not only of Hideyoshi and Abbess Kōdai-in but of those involved with the Toyotomi’s. Portraits of historic figures closely connected to Hideyoshi and Nene also survived in associated temples. These paintings were hung during memorial services to recall the departed ones in an age when photographs did not exist. The portraits also served in telling the stories of the lives and positions of those they depicted.
This exhibition introduces the portraits of the Toyotomi clan and their associates. Their furnishings and daily implements (such as lacquerware decorated with resplendent Kodaiji makie) as well as other materials will also be featured. Together, these objects perhaps convey the splendor and ephemerality of the limited lives of human beings.

 

 
高台寺掌美術館
〒605-0825
京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
電話:075-561-1414 FAX:075-561-1624
 
 
 
 
 

Copyright (C) 高台寺. All Rights Reserved. このサイトの画像や文章など全ての無断転載はお断りいたします。