掌美術館
     
 
  展示案内  
     
  高台寺と関連寺院の宝物  
     
  蒔絵の調度品  
     
掌美術館アンケート
 
     
  >>高台寺HPへ  
 
展示案内

 

 
戦国時代の女性のくらし

春の特別展
「戦国時代の女性のくらし」

The Life of Women in the Warring States Period through Lacquerware and Textiles

期間 2017年2月25日(土)〜2017年6月11日(日)

休館日 無し
 *ただし、やむをえず展示替えなどで休館となる場合があります。

開館時間 午前9時30分〜午後6時
*高台寺・圓徳院の夜間特別拝観期間中(3月3日(金)〜5月7日(日))は、午後9時30分受付終了。

入場料
高台寺掌美術館:大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円

主な展示品
楓桐菊蒔絵薬味壺(桃山時代・重要文化財) ※ 4月20日まで
竹秋草蒔絵文庫 ※ 4月22日(土)〜6月11日(日)
桐紋蒔絵飯器(桃山時代)
金銅長柄両口銚子(桃山時代)
水車蒔絵楾(桃山時代)

概要
戦国時代の女性のくらしと信仰に焦点をあてた展覧会。 戦国時代の女性は家を統括する役割を夫と同程度に果たし、戦で夫が不在中は夫に代わってその役割をした。また、夫が亡くなると夫や自分の一族の供養をして暮らした。この展覧会では、北政所が平和な日々を願い、晩年に亡き夫や父母の供養をした様子を伝える品を中心に、高台寺伝来の品々を展示する。それらの品々が高台寺で受け継がれた歴史も合わせて紹介する。

次回展示

 

夏の特別展
「乱世を越えて 高台寺の禅と美術」

期間 2017年6月17日(土)〜2017年9月10日(日)

休館日 無し
 *ただし、やむをえず展示替えなどで休館となる場合があります。

開館時間 午前9時30分〜午後6時

入場料
高台寺掌美術館:大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円

会期中の重要文化財の公開
前半 秋草蒔絵天目台 6月17日(土)〜7月下旬
後半 菊蒔絵交椅   7月下旬〜9月中旬


 
高台寺掌美術館
〒605-0825
京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
電話:075-561-1414 FAX:075-561-1624
 
 
 
 
 

Copyright (C) 高台寺. All Rights Reserved. このサイトの画像や文章など全ての無断転載はお断りいたします。