掌美術館
     
 
  展示案内  
     
  高台寺と関連寺院の宝物  
     
  蒔絵の調度品  
     
掌美術館アンケート
 
     
  >>高台寺HPへ  
 
展示案内

 

 ※2月20日(月)〜2月24日(金)は展示替えのため休館。
寿ぎの美と伝来の書

新春特別展
「寿ぎの美と伝来の書」

期間 2016年12月23日(金)〜2017年2月19日(日)

休館日 無し
 *ただし、やむをえず展示替えなどで休館となる場合があります。

開館時間 午前9時30分〜午後6時

入場料
高台寺掌美術館:大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円

主な展示品
芦辺蒔絵椀(桃山時代・重要文化財)
梅に草花図屏風 狩野派(桃山時代) 修理後の初公開
豊臣秀吉和歌十首(明治初期) 和歌—豊臣秀吉 筆—黒田長成(黒田官兵衛の末裔)
老梅図屏風 狩野光信(桃山時代)
後陽成天皇達磨図(桃山時代)
女房奉書(慶長八年) 北政所が後陽成天皇から「高台院」の院号を受けた時の文書
口宣案(天正十六年) 北政所が従一位に叙された時の文書


 良いことが起きるよう願うのは時代や地域を超えて、人類の共通する思いです。
 アジアの人々は古代より器物の形や文様の形を借りて、豊穣、子孫繁栄、立身出世、富貴栄華、不老長寿など現世におけるさまざまな願いを表しました。これらは吉祥図と呼ばれ、繰り返し用いられてきました。さらに人々は、めでたい言葉が幸福を招くとも考えました。「寿(ことほ)ぎ」とは、言葉で祝うという意味の日本語です。

 暮らしの中で人々は神仏を拝して日々の吉祥と難からの救済を祈り、自らの身の回りの品々に吉祥文様を付け、福を招き、災難を防ごうと願ってきました。
 日本には数多くの吉祥図があり、生活のなかに浸透しています。高台寺に伝来した品々には、狩野派によって描かれた梅に草花図屏風や蓬莱蒔絵薬箱など、人々が難からの救済を祈り、吉祥を願った品々が多数伝来しました。北政所をはじめ高台寺に関わった人々の願いや祈りを知ることができます。
 新年にあたり今回の展示では、それら高台寺伝来の絵画、工芸品、消息(手紙)、書などを紹介いたします。

次回展示

戦国時代の女性のくらし

春の特別展
「戦国時代の女性のくらし」

The Life of Women in the Warring States Period through Lacquerware and Textiles

期間 2017年2月25日(土)〜2017年6月11日(日)

休館日 無し
 *ただし、やむをえず展示替えなどで休館となる場合があります。

開館時間 午前9時30分〜午後6時
*高台寺・圓徳院の夜間特別拝観期間中(3月3日(金)〜5月7日(日))は、午後9時30分受付終了。

入場料
高台寺掌美術館:大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円

主な展示品
楓桐菊蒔絵薬味壺(桃山時代・重要文化財)
桐紋蒔絵飯器(桃山時代)
金銅長柄両口銚子(桃山時代)
水車蒔絵楾(桃山時代)

概要
戦国時代の女性のくらしと信仰に焦点をあてた展覧会。 戦国時代の女性は家を統括する役割を夫と同程度に果たし、戦で夫が不在中は夫に代わってその役割をした。また、夫が亡くなると夫や自分の一族の供養をして暮らした。この展覧会では、北政所が平和な日々を願い、晩年に亡き夫や父母の供養をした様子を伝える品を中心に、高台寺伝来の品々を展示する。それらの品々が高台寺で受け継がれた歴史も合わせて紹介する。


 
高台寺掌美術館
〒605-0825
京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
電話:075-561-1414 FAX:075-561-1624
 
 
 
 
 

Copyright (C) 高台寺. All Rights Reserved. このサイトの画像や文章など全ての無断転載はお断りいたします。