掌美術館
     
 
  展示案内  
     
  高台寺と関連寺院の宝物  
     
  蒔絵の調度品  
     
掌美術館アンケート
 
     
  >>高台寺HPへ  
 
展示案内

 

桃山の煌めき

秋の特別展
「桃山のきらめき」

期間 2017年9月16日(土)〜2017年12月17日(日)

休館日 無し
 *ただし、やむをえず展示替えなどで休館となる場合があります。

開館時間 午前9時30分〜午後6時
*10月21日(土)〜12月10日(日)は午後9時30分まで開館。

入場料
高台寺掌美術館:大人300円
2ヵ所共通拝観券(高台寺・高台寺掌美術館):大人600円・中高生250円
3ヵ所共通割引拝観券(高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院):900円

概要
桃山時代は、新しい価値観の転換期であった。戦乱から全国統一へ向かった時代で、城郭、邸宅、寺院などの大建築の造営がおこなわれ、豪華な諸道具が製作された。当時、海を渡ってきた南蛮文化の影響を受けて、日常的に用いる調度品の意匠にも新しい感覚を取り入れている。それらの品々は、今見ても新鮮で力強い。また国内の統一が進むと王朝文化再生の気運も興り、文化に華やかさが加わった。
豊臣秀吉と北政所、そしてその周辺の人々は桃山文化の中心的な担い手であった。この展覧会では高台寺に伝来した品々を通して、秀吉と北政所がくらした当時の文化の煌めきを紹介する。

会期中の重要文化財の公開
西王母蒔絵交椅(重要文化財)
菊桐蒔絵提灯(重要文化財)


桃山時代の代表的な染織品「高台寺打敷うちしき」の公開について

1.公開の主旨
 高台寺に伝わる桃山時代の染織品は、その華麗さが知られています。その存在が評価され、高台寺伝来の打敷12枚は平成11年に京都府指定文化財になりました。
 このたびの公開で多くの方々に伝来の品々を順次ご覧いただいて、桃山時代の衣装の小袖から姿を変えて仏具となった「打敷」が、今も高台寺の歴史と共にあることを感じていただければと願います。

2.公開品
・山道に菊桐紋と枝垂桜文様 段替り唐織打敷(桃山時代)
・山道に菊桐紋と枝垂桜文様段替り唐織 復元された小袖
  公開期間:10月16日(月)〜11月15日(水)
・桜樹文様刺繍段替り打敷
  公開期間:11月16日(木)〜12月17日(日)

3.高台寺打敷の修理
 京都府と京都国立博物館のご協力のもと、高台寺打敷6枚の保存修理が平成30年度(2018年度)から3年間で行われます。


 
高台寺掌美術館
〒605-0825
京都市東山区高台寺下河原町530 京・洛市「ねね」2階
電話:075-561-1414 FAX:075-561-1624
 
 
 
 
 

Copyright (C) 高台寺. All Rights Reserved. このサイトの画像や文章など全ての無断転載はお断りいたします。