吉田 正道(よしだ しょうどう) 臨済宗建長寺派 管長

1940年岐阜県生まれ。8歳の時、愛知県木曾川の宝光寺、六鹿東栗和尚について得度。1959年京都建仁寺僧堂の竹田益州老師に参じ、その法を嗣がれた。
東京寒光寺住職、1987年建長寺派第7代管長、ならびに僧堂師家に就任された。京都とは違う鎌倉の地で、大らかに禅風を挙揚されている。


瀬川 宗隆(せがわ そうりゅう) 臨済宗連合各派布教師会 会長

1944年大分県の妙心寺派東林寺に生まれる。1958年京都府下八幡円福寺の小僧となる。円福寺掛塔を経て、宗鶴老師、無文老師、擔雪老師に就いて修行。1972年南禅寺派観音寺の住職となる。1977年連合各派布教師を拝命。2005年より南禅独秀流流祖より総師範伝承。2008年より観音寺閑栖住職。2014年連合各派布教師会会長。