小堀 泰巖(こぼり たいがん) 臨済宗建仁寺派 管長

1943年滋賀県生まれ。12歳で東京広徳寺で福富以清和尚について得度。その後、鎌倉建長寺で湊素堂老師の下で修行。1980年、素堂老師が建仁寺に移られるのを機に建仁寺専門道場に転錫、その法を嗣ぐ。1992年4月より建仁寺派専門道場師家。同2002年4月、晋山式を挙行、建仁寺派第9代管長に就任。現在に至る。


坂井田 泰仙(さかいだ たいせん) 臨済宗建仁寺派 興雲庵 住職

1974年京都府京都市生まれ。1998年、立命館大学卒業後、建仁寺派専門道場において、小堀泰巖老大師に就いて修行。2006年、興雲庵住職に就任。現在、本派教学部長を務める。また、2011年より臨済宗連合各派布教師として全国の臨済宗各派の寺院に赴き、仏教の布教に努めている。


雲林院 宗碩(うんりんいん そうせき) 臨済宗建仁寺派 霊源院 住職

1976年京都市生まれ。花園大学卒業。建仁寺塔頭西来院住職・丹羽良道師について得度。建仁寺僧堂に掛塔。小堀泰巖老大師について参禅。現在は臨済宗連合各派布教師として、お釈迦様が伝えた禅の生き方を人々に伝える布教活動に努めている。