トピックス

秋の特別拝観

photo 高台寺・圓徳院 秋の特別拝観がはじまりました。
期間は平成20年10月24日(金)〜12月7日(日)です。
  
 秋の夜間特別拝観 テーマは「悠久」(午後10時閉門)

photo 秋の特別展『日本刺繍 源氏物語五十四帖展』(協力:日本刺繍協会)

 1988年に故海老名正夫画伯の原画をもとに全国各地の五十余名の日本刺繍アーチストが全力を尽くして制作にあたりました。
 約二ヵ年を費やし(第二十五帖「蛍」は十年かかったそうです)全体で色糸は五百色、技法は約百種を駆使し、純金糸を用いてつくられた源氏物語の各帖を掛軸に仕上げたものです。
 文字もすべて刺繍でつくられています。

◆名物和尚のお話 第3回


 9月、10月、11月の三面大黒天(圓徳院境内内)の縁日に開かれている名物和尚のお話。
 第3回は11月3日(祝・月)。法話のテーマは『ねね様の甥、歌人 木下長嘯子 仕事を失っても好きな事で生きる』です。
 入場にはご案内ハガキが必要です。お持ちでない方は、当日、三面大黒天前のテント受付にお申し込みください。入場の「はがき」をお渡しします。
日時:2008年9月、10月、11月の3日
   いずれも午後3時より
   奉納演奏(10〜15分)の後、
   名物和尚のお話(約30分)
場所:圓徳院書院
お話:圓徳院住職 後藤典生
□お話の内容
9月3日(水)
 ■ねね様の生涯
  苦しい時をどう乗り切るか
10月3日(金)
 ■ねね様の兄、木下家定
  引き際の美学
11月3日(祝・月)
 ■ねね様の甥、歌人 木下長嘯子(木下勝俊)
  仕事を失っても好きな事で生きる
【主催】三面大黒天世話人会/京・洛市「ねね」門前会/高台寺天満宮世話人会
【お問い合わせ】まほうや TEL:075(532)3585
※毎月3日は三面大黒天の縁日です。
 三面大黒天の祈祷時間は
 ○午前11時 ○午後2時 ○午後4時

(更新:2008/10/24)