後藤典生住職の法話

知識と智恵

 一億総評論家という時代である。
 人々は実によく外のことを学んでいる。
 ところが最高学府で学んだ人でも悪いことをし、新聞に書かれている。
 本来なら最高学府を出た人ほど優れていなければならないのに。
 知識はあるが智恵がない。
 外のものに対しては驚くほどの知識をもっていても、自分の内にあるものは少しも磨かれていない。
 求めるものが間違っているのではなかろうか。
 仏教では道を求めることが大切である。
 道はどこにあるのか、道は日常にある。
 日常の一挙一動が道でなければならない。
 一日の生活のなかで自らを磨かずして、外のものをいくら得ても何もならないのである。