圓徳院バーチャル拝観
三面大黒天

福徳信仰の象徴として、豊臣秀吉が念持仏としたといわれる珍しい尊像です。いわば秀吉の出世守本尊。御堂は京都御苑から移築したものです。
毎月縁日も開いています。

住職


三面大黒天正面

 三面大黒天は、大黒天、毘沙門天、弁財天の三つの顔を持った仏様です。
(中略)
 この三面大黒天にも秀吉の合理性が表れているところがあります。三面なので一回拝めば三つの効き目があるのですから、実に合理的で秀吉らしい信仰です。大名になる前、秀吉はずーっと三面大黒天を信仰していました。
 秀吉は、三面大黒天を信仰したから出世したのでしょうか。いいえそれは違います。三つの顔を一回で拝む、という合理性を持っていたから出世できたのです。仏教は合理的です。

(後藤典生『こころ惑うときに』より)

写真
写真
写真