トピックス

秀吉公ゆかりの神仏への献茶点前

 ◎時間/10:30〜16:00受付終了 お一人/1,500円(記念扇子つき)

秀吉公を喜ばせた、家臣古田織部考案の点前。武士の心構えを表現しています。

利休没後、秀吉公は織部に「利休の茶人の茶を越えて武士の茶を創造せよ」と命じます。この点前はその命を受け織部が考案したもので、従来の利休の茶の湯と異なり、武士の心構えを表現しながら、秀吉公が大事にした、ユーモアや機転、即興を織り交ぜたエンターテインメント性を取り入れています。わび茶の世界を表す4畳半以下の茶室「小間」より大勢が集う「広間」を用い、自然が作り上げる美ではなく、闊達で華やかな自ら作り上げる美へ……。息がかからないよう扇子で覆われた茶碗には、神仏に献茶する際の点前を元にした背景が伺えます。

秀吉公ゆかりの寺、北政所ねね様終焉の地「圓徳院」で、400年前の戦国の世のもてなしをぜひ体感して下さい。

監修 尾崎 米栢 宗匠(茶道扶桑織部 家元) 

 

楽茶碗でのお抹茶

 ◎時間/午前10:30〜午後4:00受付終了 一服/500円

寺の復興の為、院内にて「楽焼」を作陶しています。
楽茶碗は他の茶碗と異なり、抹茶を飲むに最も向く姿として千利休・楽長次郎により考案された茶碗です。
神仏の献茶点前と違い、小間の茶席見学・記念品はありませんが、手軽にお抹茶を ... 
全文を読む >>

(更新:2016/10/31)

ごあんない

「羽柴」ラグジュラリープラン

Podcast アンケート

圓徳院〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町530 TEL 075-525-0101 FAX 075-561-2724(清水寺から15分、円山公園から5分)
拝観時間10:00〜17:00(17:30閉門) 拝観料大人 500円・中高生 200円・3ケ所共通割引拝観券 900円(高台寺掌美術館、圓徳院)