十牛図

はじめに1. 尋牛2. 見跡3. 見牛4. 得牛5. 牧牛6. 騎牛帰家7. 忘牛存人8. 人牛倶忘9. 返本還源10. 入てん垂手
絵:マ サティヤムサヴィタ(禅文化研究所刊「さがしてごらんきの牛」より転載)




図

はじめに

 「十牛図」とは、禅において悟りを牛に例え修行の道程を表現するために用いた説明図であります。
 この道程には、禅に限らず、書道・華道・歌道・武道等、道を求める者にとって共通であり大きな影響を与えてきました。
 「幸せ」というテーマを元に「十牛図」を説明します。

後藤典生


1. 尋牛

図  牛(幸せ)を求めて牧童が旅に出た。
 どこに牛がいるのだろう。
 牛は簡単に手に入らない。
 牛を得るためにはすべてを投げ捨て命がけの修行が必要であります。
 「果報は寝て待て」というのは幸運はあせってもどうにもならないものであるから、あせらずに時期が到来するのを待てという意味で仏教においても一面の真理であります。
 けれど禅においては求めるものを得るためには苦労に苦労を重ねることが重要であると説かれます。
 牛(幸せ)は待っていて飛び込んでくるものではありません。
 自ら求めなければならないのです。
 修行僧が美しいといわれるのは、真実を求めひたむきに旅を続けているからです。
 幸せになるためには、牛を尋ねさがさなければなりません。
 それが尋牛であります。

 たずねゆくみやまの牛はみえずして
ただ空蝉の声のみぞする

2. 見跡

図  牧童は苦労してやっと牛の足跡を見つけました。
 これこそ牛(幸せ)の足跡だ。
 修行僧でいうとお経や先人の言行です。
 それを見ると仏教を知ることができます。
 しかしそれは知識であり、仏教の正しい知見が身についたわけではありません。
 幸せとはどんなものであるかということは知ったような気がするが、幸せになったわけではありません。
 足跡はあくまで足跡であって、牛そのものではないのです。

 こころざしふかき深山のかひありて
しほりの跡をみるぞうれしき

3. 見牛

図  足跡を追っていくと木の陰に牛の半身を見つけました。
 お経や先人の言行をたどり、おぼろげながら仏教の一端に触れ、仏教を少し知ったことになります。
 実のところ修行でここまで来るのは大変な努力が必要なのです。
 しかし牛の一部を見つけるだけではすべてを知見したことにはなりません。
 まだ知識の段階で自分の生命にはなっていないのです。
 幸せとは何かという話を聞き、自分もそうなれば幸せであると思っている段階で自分が幸せになったわけではなりません。
 ただ何となく幸せとはこんなものだという形知ることができました。

 青柳のいとの中なるはるの日に
つねはるかなる かたちをぞみる

4. 得牛

図  静かに牛に近づき縄をかけました。
 牛の鼻に手綱をかけた瞬間です。
 牛(幸せ)を自分の手でつかんだのです。
 やっとその意味を自分のものにしました。
 しかし、牛は嫌がって逃げようとします。
 逃がしてはなるものかと懸命に努力しています。
 せっかくつかんだ牛(幸せ)をはなすまいとしている姿です。
 幸せはつかんだけれどもいつ逃げるともわからない幸せ。
 幸せを自分のものにすることは容易ではありません。

 はなさじと思へどいとどこころうし
これぞまことのきづななりけり

5. 牧牛

図  逃げようとして暴れていた牛がやっとの思いで慣れてくれました。
 牛を飼い育てることに成功したのです。
 幸せが心の中に入りこんだのです。
 この幸せを心の中から逃がしてはなりません。
 「会することは易く相続は大難なり」  心の中にはまだまだ幸せを疎外するものがあります。
 少しの油断でそれが打ち勝ち、幸せを潰してしまうかもしれません。
 修行のできた僧侶が世の中に触れ思わず欲に溺れた姿、懸命に努力して得たものであるのに忘れさってしまうこともあるのです。
 そんなことになればせっかくの努力が無に帰します。
 そういうことが全くなくなるまで、しっかり牧牛しなければなりません。

 日数へて野がひの牛も手なるれば
身にそうかげとなるぞ嬉しき

6. 騎牛帰家

図  荒れ狂った牛も今は全く手慣れ純和な牛となりました。
 幸せが心の中に定着したのです。
 ここまで来れば牛は心からでていることはありません。
 心の中もすっかり平穏です。
 幸せは心の内外に満ちあふれています。
 無心の牧童であり、無心の心牛であります。
 無事泰平の心を得たのです。

 今や自由に繰れるようになった牛の背に乗り笛を吹きながら家に帰っていく心境です。
 自分と牛が一体になった姿です。

 すみのぼるこころの空にうそぶきて
たちかへり行く みねのしら雲

7. 忘牛存人

図  家に帰って牛(幸せ)のことは忘れてしまいました。
 あれほど求めていた牛のことすら忘れた心境です。
 騎牛帰牛で牛と自分が一体になってのですが実は牛は外のものではなく自分の内にあるものであるということを知った姿です。
 外の牛と一体となり幸せを得たのではなく、むしろ求めるものは内にあったのです。
 求めるものは他になく、自分なのです。

 もはや牛は必要ありません。
 自己そのものが牛そのものなのです。

 よしあしとわたる人こそはかなけれ
ひとつ難波のあしとしらずや

8. 人牛倶忘

図  禅では仏になってもそこに止まることなくそれを超越し更に止揚せよと教えられます。
 迷いも悟りも無く、仏も凡夫もありません。
 空(くう)そのものであります。

 間違いを恐れずに言いますと、あらゆるものにこだわらず、あらゆるものを受け入れということになります。
 美醜善悪を越えねばなりません。
 幸せになるということにも、不幸せになるということにもこだわりません。
 この心境を禅僧はよく、円相で表します。

 雲もなく月もかつらも木もかれて
はらひはてたる うはのそらかな

9. 返本還源(へんぽんげんげん)

図  修養を尽くして元に帰る。
 幸せを求め旅に出、求めつくして自分のものにし、それすら忘れ世界に帰ることです。
 本当に人間、真の人間に立ち帰るのです。
 幸せになってみても、なる前も「柳は緑 花は紅」であり、自然界はなんら変りはないのです。
 栄枯盛衰も飛花落葉もごく当たり前の姿なのであります。
 偽りの世界に生きている私たちが真実の世界に立ち帰ることであります。

 法のみちあとなきもとの山なれば
待つはみどりに花はしらゆつ

10. 入てん垂手(にってんすいしゅ)

図  「てん」は汚染した俗界のことであります。
 垂手とは手を垂れることであり、人々に教え導くことであります。
 汚染した世界に自ら飛び込んでいって人々を助け導く姿こそ最高の境地であります。
 幸せを得ただけでは自分のみが幸せになっただけであり、たしかに自分は救われたがそれだけでは真の人間とは言えません。
 すべての人を救い助けることが必要であります。

 手はたれて足はそれなるおとこ山
かれたる枝に鳥や住むらん